真空計の導入事例③

経緯

真空脱泡の減圧をキャパシタンスマノメーターで管理していたが、新たに真空脱泡装置を増設する際に、初期費用と校正費用共に安い管理用メーターがないかを探していた。パルミル真空計がコストに見合うことがわかったが、精度を確かめるために一度レンタルし、テスト使用することとなった。

成果

パルミル真空計を使用してみたところ、減圧の管理に全く問題ないことが判明。結果的に、初期費用と校正費用を当初の予定よりも安く抑えることができた。

事例一覧に戻る
ページの先頭に戻る