ブックタイトル佐藤真空真空装置2017

ページ
8/52

このページは 佐藤真空真空装置2017 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

佐藤真空真空装置2017

特長■高真空…到達圧力:×10 1 Pa油回転真空ポンプ単独の排気系としては高い真空度が得られます。漏れの極めて少ない真空室でのクリーンな加熱処理を提供します。■効率的な排気真空ポンプの吸気口径に合わせバルブ・配管口径などを設定、効率的な排気により排気時間を短縮しています。■真空度の測定が可能ピラニ真空計のセンサーをセットできるゲージポート(φ15用)がついていますので、ブルドン管式真空計では読み取れない真空度(Pa値)を確認できる構造としています。■温度制御が簡単処理温度に合ったPID値を調節計が自動的に設定しますので、真空槽内の温度制御が簡単、確実におこなえます。■安全性・保守1温度調節計と過熱防止器の独立した二重過熱防止機能、自己診断機能など安全対策を充実させています。2見やすい観察窓には樹脂製の保護カバーを取り付け、安全性を向上させております。(200℃以上の高温タイプには窓はつきません)3 DQ-P(ポンプ組込みタイプ)…手動弁のほかに、主電磁弁・ポンプリーク電磁弁が組込まれており、装置稼働中の停電時などに、主電磁弁を閉め真空槽側を遮断すると共に、ポンプリーク弁を開けてポンプオイルの逆流を防ぎます。■DQシリーズは、Max 200℃(外熱式)を規格としていますが、Max 350℃・450℃・600℃の高温タイプ(内熱式)もあります。ヒーターを槽内各棚段下または槽内壁面に取付け、真空中での高温加熱をおこなうとともに、処理温度までの昇温時間が短縮され、槽内温度分布も向上します。さらに、一連の操作を自動化したタイプなどお客様のご要求に合わせた設計製作にも対応しています。DQ <ノア>シリーズ仕様真空乾燥装置・真空ベーキング装置Vacuum Drying Oven/Vacuum Baking EquipmentDQ "Noa" Series性能最高温度到達圧力200℃(350℃/450℃/600℃)×10 1 Pa(ベークアウト後無負荷常温時)操作方式手動制御方式マイクロコンピュータによるPID制御(オートチューニング機能付)機能設定方式/表示方式デジタル設定/デジタル表示センサーK熱電対過昇温防止独立二重防止回路DQ-P/S共通手動主弁、リーク・ガス導入弁、ブルドン管式真空計、φ15ゲージポート、リーク・ガス導入口、真空配管排気系DQ-PタイプDQ-Sタイプベルト駆動型油回転真空ポンプ(50~1500L/min)、主電磁弁、ポンプリーク電磁弁ポンプ接続口加熱ヒーター負荷コントロールスペースヒーター(真空槽外面に密着取付け)電流出力安全装置漏電ブレーカー、ヒーター回路・制御回路ヒューズ、二重過熱防止(加熱停止、ブザー・ランプ警報、手動リセット)自己診断機能(設定値、温度センサー、バーンアウト)電源AC100V単相、AC200V単相又はAC200V三相規格冷却水0.2MPa以上(加熱温度が200℃を越える場合)N2真空槽を大気圧に戻す場合、必要によりオプションピラニ真空計、オイルクリーナーWSシリーズ、コールドトラップ、ハーメチックシール、内熱ヒーター個別温調、プログラム温調、操作方式:自動*その他各種仕様に合わせ製作いたします。6