ブックタイトル佐藤真空真空装置2017

ページ
28/52

このページは 佐藤真空真空装置2017 の電子ブックに掲載されている28ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

佐藤真空真空装置2017

真空乾燥・真空ベーキング実験装置Test Drive Unit for Vacuum Drying and Baking当社は、お客様からの実験依頼(真空乾燥・真空ベーキング処理など)にお応えしております。…従来の設備に加え、高真空(×10 ?4 Pa)/高温(Max 500℃)での処理を可能とする実験装置を新たに導入し、お客様のワークサンプルテスト用として常設しております。We respond to client requests for trial use of our equipment (vacuum drying, vacuumbaking, and so forth).…We've installed new test-drive unit with an ultimate pressure of×10 ?4 Pa and maximumheating temperature of 500℃. It can also be used for clients to experiment sampleworks.「真空処理を導入したいが効果は?」「もっと真空度を上げてみたら?」「もっと高温で処理したら?」?当社にご相談ください。「Planning to install a vacuum systembut wondering about the results?」「Need a more powerful vacuum?」「Want to perform processing at highertemperatures?」?Consult with us.主仕様Major sepcifications槽内寸法Inner vessel dimensions到達圧力Ultimate pressure加熱温度Heating temperatureW430×D500×H135mm×3段(棚)またはW430×D500×H490mm (棚無し)×10 ?4 Pa (ターボ分子ポンプ+油回転真空ポンプ運転時、Turbo-molecular + Oil-sealed rotary vacuum pump)10Pa以下(油回転真空ポンプのみ運転時、Oil-sealed rotary vacuum pump only)Max 500℃(プロコンによるステップ昇温可)冷却Coolingファンによる強制冷却可(水冷熱交換) Forced fan-driven cooling(water-cooled heat exchange)用途例■半導体部品、FPD/PDP部品、各種電池、電気部品、電子材料、金属、セラミック、機械部品などの真空乾燥・ベーキング・エージングテスト■各種新素材開発などのサンプルテスト*他に、小型実験機(槽内寸:□300mm /×10Pa / Max150℃)も常設していますので、ご利用ください。26