ブックタイトル佐藤真空真空装置2017

ページ
14/52

このページは 佐藤真空真空装置2017 の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

佐藤真空真空装置2017

真空乾燥装置・真空ベーキング装置Vacuum Drying Oven/Vacuum Baking EquipmentDY“Wing”Series特長・機能■DY-Pタイプ排気系が油回転真空ポンプ単独で構成され、到達圧力は×10 1 Paとなります。■DY-MPタイプ排気系が油回転真空ポンプとメカニカルブースターで構成され、到達圧力が×10 0 PaとDY-Pタイプより一桁良くなるとともに、メカニカルブースターにより大きな排気速度が得られます。ガスなどを多く含んだワークの大量処理に適しています。■加熱機構真空中で高温を得るために、各棚板下に取り付けたシースマイクロヒーターを加熱源とする内部加熱方式です。ワークにより、槽内各壁面にヒーターを設置する方式も可能です。いずれも外部加熱方式に比べ、設定温度までの昇温時間が短縮され、槽内温度分布も向上します。■加熱制御槽内に設置された各ヒーターごとに温調計を設け個別にPID制御しますので、温度制御が正確、確実におこなわれます。また、プロコンにより昇温パターンを設定することも可能です。■操作性スタートボタンONで、シーケンサプログラムにより真空排気、昇温、バルブ開閉など各機能を自動で運転しますので、どなたでも簡単に操作できます。グラフィックパネル上に機器系統、作動機器のON/OFFが表示され、運転状況も容易に確認できます。個別運転時でも各インターロック機能により操作ミスを防ぎます。■安全性自動運転時に装置異常を検出した場合、異常内容(冷却水量低下、エア圧力低下、過昇温etc.)により、運転全停止または一部機能停止をおこない、異常内容をグラフィックパネル上でランプ表示します。さらに、停電時には主弁を閉じ真空加熱槽の圧力をキープする(大気リークによるワークの酸化防止)とともに、ポンプリーク弁を開けポンプオイルの逆流を防止するなど、あらゆる角度からの保護機能が組み込まれています。■強制冷却機能(オプション)により処理時間を大幅に短縮真空は断熱性に優れているため一旦温度を上げるとなかなか下がりません。加熱処理終了でヒーターOFFとなっても、通常50℃前後のワーク取出し温度までの降温に多くの時間を要します。オプションの強制冷却機構を組み込めば、この降温時間は大幅に短縮されますので、結果としてトータルの処理時間が大幅に短縮されます。DY <ウイング>シリーズ型式Types of DY Series型式Type槽内寸法(W×D×Hmm)Inner vessel dimensions棚段/ヒーター段Shelves/Heaters温調計(各段温調)Temperarure controllerメカニカルブースターMechanical booster真空ポンプVacuum pumpDY-40PMP400×400×400 3段/4段4?100m 3 /Hr300L/minDY-50PMP500×500×500 4段/5段5?100m 3 /Hr500L/minDY-60PMP600×600×600 4段/5段5?200m 3 /Hr650L/minDY-70PMP700×700×700 4段/5段5?200m 3 /Hr960L/minDY-80PMP800×800×800 5段/6段6?200m 3 /Hr1500L/minDY-100PMP1000×1000×1000 5段/6段6?600m 3 /Hr2000L/minDY-150PMP1500×1500×1500 6段/7段7?2500m 3 /Hr3000L/minDY-200PMP2000×2000×2000 6段/7段7?5000m 3 /Hr4000L/min12*本型式表の仕様は基本的な項目のみです。お引合い内容に基づき詳細仕様お打合せ後お見積もりとなります。This table provides only basic specifications. We will provide more detailed specifications based on customer requirements identified throughdiscussions, followed by a cost estimate.