ブックタイトル佐藤真空規格品2017

ページ
74/90

このページは 佐藤真空規格品2017 の電子ブックに掲載されている74ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

佐藤真空規格品2017

真空ポンプ資料集Information on Vacuum Pumps真空ポンプの選定方法Selecting a vacuum pump■ポンプの大きさを選定する場合、次の計算式を用いて決定します。Use the following formulas to select a pump of the appropriate size.VS= X 2.3 logtP1P2S =ポンプの排気速度(L/min)t =排気時間(min)V =真空槽容積(L)P1=初期圧力(Pa)P2=最終圧力(Pa)S = Pump exhaust speed (L/min)t = Exhaust time (min)V = Vacuum chamber volume (L)P1= Initial pressure (Pa)P2= Final pressure (Pa)例1 Example 1容積100Lの真空槽内を、大気圧から100Paまで5minで排気したい場合、必要な排気速度を求める。The client seeks an exhaust speed thatwill reduce pressures within a 100-literchamber from atmospheric pressure to100 Pa within five minutes.VS= X 2.3 logt100= X 2.3 log5=138(L/min)P1P2100000100従って、100Pa時に138L/min以上の排気速度がある真空ポンプが必要です。The required pump must provide anexhaust speed of at least 138 L/minwhen the desired vacuum is 100 Pa.例2 Example 2容積50Lの真空槽内を、排気速度100L/minの真空ポンプで大気圧から10Paまで排気する場合の時間を求める。The client is seeking the time required toexhaust a vacuum chamber of 50 L usinga vacuum pump with an exhaust speedof 100 L/min from atmospheric pressureto 10 Pa.Vt = X 2.3 logS50= X 2.3 log100=4.6(min)P1P210000010従って、4.6minで排気できます。Accordingly, the exhaust operation canbe performed in 4.6 min.注)配管抵抗、放出ガス、漏れ等を考慮して実際には安全率を見込んでください。配管が長い、細い、曲がりが多い場合、水分等の揮発物がある場合は、特に注意が必要です。CAUTIONAccount for pipe resistance, gas emissions, leakage, and so forth when estimating the safety factor.Be especially careful when using volatile substances, particularly liquids, with pipes that are long, thin, or have multiple bends.71